asahi

10/25(日) 19:00〜20:30(予定)

朝日新聞DIALOG学生部
×
WATERRAS STUDENT HOUSE

「わかりやすさの罪」
ゲスト:武田砂鉄
(協力:朝日新聞DIALOG)

※当イベントは、11/1(日)より期間限定(11月末日まで)で動画公開いたします。

※参加者からの質問(音声)は、貴重なご意見として動画収録・公開させていただきますことご了承ください(顔を正面から映すことはしません)。

朝日新聞DIALOG学生部とワテラススチューデントハウスがコラボし、学生と本の著者がディスカッションをするイベントを開催。今回は「情報との向き合い方」をテーマに、SNSを含むメディアへの眼差しの向け方や、それらをもとにいかに価値判断をしていくべきか、その際の落とし穴は何か、などについて考えを深めます。ゲストにはフリーライターの武田砂鉄さんをお招きし、近著『わかりやすさの罪』をベースとして、ディスカッションを進行します。

終了

  • 上記の申込ボタンからチケットを入手いただけます。

出演者

image

【武田砂鉄(たけだ・さてつ)】

1982年生まれ。東京都出身。大学卒業後、出版社で主に時事問題・ノンフィクション本の編集に携わり、2014年秋からフリーライターに。
インタビュー・書籍構成も手掛ける。新刊に『わかりやすさの罪』(朝日新聞出版)。Twitter:@takedasatetsu

イベント関連書籍